会社やお店を経営するのに必要な資金

必要な運転資金を把握しよう

事業を行っている時、1度でも支払いが滞ったりすると、社会的信用を無くし、以降の取引ができなくなってしまう危険があります。
売り上げが伸びているのに買掛金の支払いが間に合わず、なんと、倒産してしまう、いわゆる「黒字倒産」に陥ってしまうのは、こういった資金繰りの悪化が原因であることが多いのです。
健全に事業を続けていくためには、売り上げとして入ってくるお金だけでなく、支払うべきお金がどれだけ必要になるのかも随時把握しておく必要があります。
収支のバランスを常に注目し、支払いが滞る可能性が発覚した場合は、早急に資金の調達を行う必要があるのです。
まずは、必要な運転資金を、どのように算出するかを見ていきます。

運転資金の算出方法

運転資金の算出式は以下の通りです。
売上債権+棚卸資産-仕入債務=運転資金
この場合、売上債権とは、現金売上以外の売掛金の合計、棚卸資産とは在庫の原価合計、仕入債務は、買掛金や未払金の合計となります。
具体的に数字を入れてみると
売上債権が500万円、棚卸資産が300万円、仕入債権が400万円の場合は400万円が運転資金ということになります。
売上債権と棚卸資産はすでに確定している金額ですが、これから発生する買掛金の支払いが控えているので、その金額を引くことで、販売し、入金されるまでの間に必要となる資金の総額が算出される、ということになります。
飲食店の様に、売掛金回収までが比較的短期で済む業種と、不動産取引の様に、売掛金回収まで時間がかかったり、不良債権となってしまう可能性を含む物もあります。
一般的には3~6か月分の資金の流れを把握することが必要とされています。


この記事をシェアする
TOPへ